婦人

やりがいのある仕事につく【会計士に転職する方法】

会計の仕事に就く

ペンを持つ人

仕事のメリットやスキル

会計士への転職を検討している方は、会計士になることによってのメリットや必要となるスキルを知っておきましょう。まず、会計士に転職することでのメリットとしては、他の仕事と比較すると、収入が高いという点です。公認会計士の平均年収としては、1000万円以上となっています。年収が高い理由としては、必要となる国家試験の難易度が高く、弁護士と医師と並び、三大難関国家試験と言われています。会計士に転職を検討されている方は、ある程度の覚悟が必要となります。収入の他にも、様々な企業に出向くため、他の業務や働いている雰囲気を知ることができます。また、多くの企業やクライアントの役に立つことができるため、やりがいのある仕事でもあります。求められるスキルとしては、高い情報処理能力が必要となります。業務に必要な能力となり、資格を取得する上でも欠かせないものとなります。次に、企業やクライアントの守秘義務をきちんと守れるかどうかとなります。他の方の秘密を業務上で知ってしまう業種となるため、公共の場での会話に気を付けたり、パソコンの管理もしっかりと行っていく必要があります。正当な理由なく、他の方に情報が漏れてしまった場合は、罰則を受けることがあります。どこまで話して良いのかを把握した上で業務を行っていく必要があります。会計士の資格を取得できたからと言って、これらを疎かにしてしまうと、働き続けることでトラブルとなりやすいため、転職を検討されている方は覚えて置いたほうが良いでしょう。

お得に住み込みでの仕事

男性

工場での仕事やレジャー施設、そしてホテル等様々な求人で寮付きの仕事を見つける事が出来ます。新たな土地での仕事の場合土地勘もなく、新たに賃貸を探す手間を省く事ができ、かつ仕事場まですぐの場所という点も寮付き求人は多くのメリットをもたらしてくれることでしょう。

パソコン業務と英語の利用

男女

リバティでは貿易事務を中心とした派遣事業を行っているのが特徴であり、国際社会で活躍したい人から人気があります。パソコン業務が中心となる事務の仕事が基本ですが、そのスキルの習得のための研修制度が充実しているのが魅力です。

世界を舞台に働く魅力

男女

貿易会社に就職すると、仕事で英会話が使える可能性が高く、世界的な仕事もできるので、やりがいを感じやすいです。待遇が良い企業が多くて、世間的な評価も高く、人気がある業界なので、優秀な仲間と働けるというメリットがあります。